効果的にプラセンタを取り入れるために知っておきたい事

化粧品やサプリメント、バストアップや更年期障害など様々な健康食品や美容系商品に入っているプラセンタエキス。

 

このプラセンタについて、中でも主に植物プラセンタについて注目して調べたことを記しているサイトです。

 

もちろん、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、最近ではセラミドやフラーレン、EGF・FGFなどのペプチドなど様々な美容成分が化粧品をはじめとした健康食品に取り入れられていますが、このサイトではあえてプラセンタについて綴っています。

 

このページをご覧になっているという事は、あなたもきっと植物プラセンタに興味や関心、疑問をお持ちだと思います。

 

せっかくなら良さを知り、効果的に取り入れたい!
そして管理人の私自身、肌が弱く化粧品を選ぶのにも一苦労しているので、気になったことの一つであるプラセンタについて特集してみました。

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

1.若さを維持するために必要な植物プラセンタとは何なのか

いつまでも若くありたいというのは女性の永遠のテーマと言ってもいいでしょう。

 

プラセンタはそれを可能にしてくれる画期的な美容成分として注目されていますが、そもそもは哺乳類の胎盤の事です。
植物には胎盤はないはずなのに植物性プラセンタは存在します。

プラセンタの種類

プラセンタは哺乳類の胎盤の事です。

 

現在化粧品や美容サプリメントなどに使われているのは豚由来の物が主流です。
以前は牛由来のプラセンタが多く出回っていましたが、狂牛病の騒ぎがあって以降、牛由来のプラセンタは使用されなくなっています。

 

美容外科で行うプチ整形などでは、ヒト由来のプラセンタを使う事があり、プラセンタが使われる多くはスキンケア用品か美容サプリメントです。

 

特に美容サプリメントでは、ヒツジ由来やウマ由来のサプリメントも使われますが実は植物性由来のプラセンタも存在します。
植物には胎盤が存在しませんが、胎盤と同じような機能を持つ部位がありそれを植物性プラセンタとしています。

植物性プラセンタとは?

植物は胎盤を持たないので動物性プラセンタとは異なる物ですが、発芽をさせる胎座という部分にプラセンタとよく似た性質を持つ成分を含んでいます。

 

胎盤は哺乳類がお腹の中で退治を育てるために様々な栄養を蓄える物ですから、植物が発芽させるために栄養を蓄える胎座にも豊富な栄養が含まれているのは納得できると思います。
こうした効果を考えて、厳密には異なる物ですが、植物性プラセンタと呼んでいるのです。

植物性プラセンタにはどんなメリット・デメリットがある?

植物性プラセンタにはいくつかのメリットがあります。

 

動物性プラセンタの方が豊富な栄養を含んでいるイメージですね。
かつて主流だった牛由来のプラセンタがそうであったように、動物特有の病気や餌に混ぜられている添加物は胎盤にも含まれるので、人によってはアレルギー反応が起きる事があります。

 

豚由来のプラセンタに関しては、育てる環境を徹底して無菌状態で育てるなどの取り組みも行っていますが、植物性プラセンタにはそのようなリスクやデメリットはありません。
プラセンタが注目されたのは、高いアンチエイジング効果が期待できるところです。

 

これは動物性プラセンタに成長因子が含まれているためでもありますが、植物性プラセンタには成長因子が含まれていません。
このためアンチエイジング効果に関しては若干劣る部分はありますが、アレルギーを起こしにくく肌なじみが良いところは大きなメリットです。

保湿化粧品で手軽にプラセンタを肌に与えるには

保湿化粧品にも植物プラセンタに限らず様々なプラセンタエキスが配合されています。

 

プラセンタはアンチエイジングにも嬉しい成分ですから、スキンケアにも取り入れたいですよね。

 

プラセンタは高級成分ですから、配合量や質の良いものを選ぼうと思ったらそれなりのグレードの化粧品を求める必要があるでしょう。

 

そんな中で、プラセンタの質にこだわりながら費用を抑えるならオールインワンゲルがおすすめです。

 

オールインワンゲルは今流行なので次から次へと新しいアイテムが販売されていますから、オールインワンゲル口コミサイトもチェックしてみて下さい。
オールインワン化粧品はスキンケアの費用だけでなく、ワンステップだから手間も省けます。

 

化粧品は口コミを参考に選んだ方が良いと思いますが、たくさんのオールインワンゲルを使っているサイトも参考になるはずです。