更年期障害を改善するために植物プラセンタは有効なの?

プラセンタは美容や健康への効果も期待されていますが、更年期障害の症状を緩和させる効果も期待されています。

 

ここでは更年期障害に対するプラセンタの働きと、植物プラセンタは具体的にどういった効果が期待でき、どういった摂取や商品の選び方をすると良いのか調べましたので、更年期障害にお悩みでしたら参考にしてみて下さい。

プラセンタが更年期に良い理由

プラセンタが更年期に役立つと言われているのは、プラセンタに含まれる成分が乱れがちなホルモンバランスや自律神経を整える効果が期待できるからです。

 

これはプラセンタに含まれる豊富でバランス良い栄養が含まれているからです。
中でも特に期待されているのは成長因子です。

 

成長因子は成長を助ける以外にもホルモンバランスや自律神経を正常に導く効果が期待できるからです。

 

実際に更年期にプラセンタサプリメントの摂取や注射や点滴などのプラセンタ療法により更年期障害の症状が緩和される事もあります。
しかしこれは成長因子を含む、動物性プラセンタだから可能になる事で、成長因子を含まない植物性プラセンタにはこのような効果は期待できません。

植物性プラセンタは更年期に効果アリ?

植物性プラセンタには成長因子が含まれないので、サプリメントやドリンクで取り入れたとしても、動物性プラセンタに比べると成長因子による更年期障害の症状を緩和する効果はありません。

 

しかし植物性プラセンタを取り入れた事により、更年期障害の症状が緩和する人もいます。

 

かなり個人差はありますが、成長因子が含まれない植物性プラセンタになぜ更年期障害の症状を緩和させる効果を実感する人が居るのでしょうか?
これは原料となる植物の種類によっても変わってきます。

植物性プラセンタの選び方

更年期障害の症状を緩和させる、または予防するために植物性プラセンタを取り入れたいなら大豆由来の植物性プラセンタがおすすめです。
貴女もご存知の事と思いますが、大豆には女性ホルモンのエストロゲンによく似た性質を持つ、大豆イソフラボンが含まれています。

 

これは胎座にも含まれていますから、大豆由来の植物性プラセンタを選ぶ事で、更年期障害の原因となるホルモンバランスの乱れを改善するのに役立てる事ができます。

 

更年期障害は更年期に卵巣機能が低下したり、機能を停止したりする事で女性ホルモンのエストロゲンが激減する事が原因で起こります。

 

動物性プラセンタは成長因子がホルモンバランスを整えるのに働きかけ更年期障害の症状を緩和させる効果が期待できます。
植物性プラセンタには成長因子は含まれませんが、大豆由来の物を選べば大豆イソフラボンがエストロゲン不足により起こる症状を緩和させる効果が期待出来るのです。