植物プラセンタを摂取できるサプリメントの選び方について

植物性プラセンタはサプリメントにも多く使用されています。
これから植物性プラセンタサプリを選ぶ場合どこに注意して選べばいいかを紹介していきます。

植物性プラセンタサプリメントについて考える

動物性プラセンタのニオイがどうも受け付けない、アレルギーが出てしまったなど人気が出て注目されているプラセンタサプリメントも万能ではありません。
もちろん中にはとても良質で高い脱毛効果が期待できるサプリメントもありますが、使う人に合っている事、納得して使える事も重要です。

 

一度動物性プラセンタサプリメントを試してみたが、合わなかったという人は植物性プラセンタを試してみてください。

 

植物性プラセンタとして使われるのは、大豆、麦、アロエなどです。

 

種類により多少含まれる成分は異なりますが、動物性プラセンタに比べるとニオイがほとんどしないからニオイがダメで挫折した人にもおすすめです。
選び方としては自分が何を求めるかによって結果が変わってきますので何を重視するか考えておきましょう。

植物性プラセンタサプリの選び方

サプリメントの選び方について重視すべきは、品質、安全性、製造方法、原産国、主原料の含有量、1ヶ月あたりのコスパです。
いくつかある項目のなかで、自分が何を重視するかをランク付けしておくと選びやすいです。

 

またいきなりどれかを試すのではなくまずはいくつかのメーカーを比較してみましょう。

 

含有量が多いのは一見良さそうに思えますが、植物性プラセンタの質が悪いとあまり意味はありません。

 

動物性プラセンタの場合は、豚由来、馬由来、羊由来と種類があります。
これは植物性プラセンタも同じで、大豆、麦、アロエなど何由来かも一応チェックしておきましょう。
食物アレルギーがある人は要注意です。

 

このようにいくつか比較して、もしも無料サンプルやお試しパックがあったら最初に試してみます。
数は少なくても、ニオイや飲みやすさなどをチェックできます。

意外と知らないプラセンタの豆知識

意外と知られていないのが原液か、エキス末かの違いです。
原液は抽出したプラセンタ原液を乾燥させ使います。エキス末は抽出したエキスを乾燥させて使います。

 

質や含有量で比べると原液の方が優っていますがサプリメントの場合は1粒に含有できる量が限られるため、エキス末を使ったほうが良い場合もあります。
形状は錠剤、カプセル、粉末、ゼリー、ドリンクなど実に様々です。自分が使いやすい物を見つけてください。