アトピーや敏感肌を植物プラセンタで改善できる?その効果について

プラセンタは胎盤の事です。
胎盤を持つのは哺乳類ですが、植物性プラセンタも存在しておりアトピーや敏感肌を改善する効果が期待できます。

 

プラセンタには動物性と植物性があり、この違いについては
こちらのページも参考にしてみて下さい。
⇒植物性プラセンタの副作用についてと、動物性プラセンタとの違いについて

植物プラセンタの安全性について

プラセンタは哺乳類の胎盤の事です。
しかし植物には胎盤が存在していません。

 

ではなぜプラセンタと呼んでいるのでしょうか?

 

植物性プラセンタは、植物の胎座という部分からエキスを抽出します。
胎座には発芽に必要な栄養がたっぷり詰まっているので、動物の胎盤と同じような役目があります。

 

厳密にはプラセンタではありませんが似たような性質を持っている事から、植物性プラセンタとしているのです。
動物性プラセンタに比べると植物性プラセンタの方が安全だと言われるのは、ホルモンや菌が含まれる事がほとんどないからです。

 

動物の場合はホルモンや菌のリスクがあるので、敢えて植物性プラセンタを選ぶ人もいます。

植物性プラセンタの副作用について

植物性プラセンタは、主にライ麦、大豆、アロエ、アセロラなどです。

 

これらは全て食材としても使える物です。ホルモンや菌なのリスクもほとんどありません。
ただし一見安全なように思えますが、麦や大豆にアレルギーがある人には注意が必要です。

 

一応胎座からエキスを抽出してそれを使いますので、大豆や麦そのものを食べるわけではありません。
しかしエキスであってもそれが体に合わない人は、アレルギー反応を起こしてしまう可能性は否定できません。

物性プラセンタの商品を使う時は何由来の植物性プラセンタなのかをチェックしておきましょう。

動物性プラセンタとどっちがいいの?

副作用もほとんどなく、安心して使えるのは植物性プラセンタ最大のメリットです。
しかし実際には胎盤ではないため、植物性プラセンタには成長因子が含まれていません。

 

プラセンタが注目されるようになったのは、成長因子が含まれるからといっても過言ではないでしょう。
成長因子は細胞を活性化させるので、若返り効果が期待できると言われています。

 

これがアンチエイジング化粧品やサプリに、プラセンタが多く使われているのです。

 

しかし成長因子を含むのは動物性プラセンタだけですから、アンチエイジングケアを重視したい人には、成長因子を含まない植物性プラセンタは不向きとなってしまいます。

 

ビタミン、ミネラル、アミノ酸は豊富に含まれますから、アンチエイジングケア以外のところでケアをしたい人にはおすすめです。
動物性プラセンタは種類によって若干獣臭さを感じる事がありますが、植物性プラセンタにはこれがありません。