美容に良い植物プラセンタを効果的に体内へ取り込む方法とは

植物性プラセンタは、美容への効果は動物性プラセンタに引けをとらずメリットが多い事でも注目されています。

 

体内に取り込むにはどうすればいいかを見ていきましょう。

植物性プラセンタの取り入れ方

植物性プラセンタを取り入れる方法は、サプリメントから摂取するのが一番効率的です。
植物には胎盤はなくこの場合は胎座という発芽に必要な栄養を含む部位から抽出した物を植物性プラセンタと呼んでいます。

 

動物性プラセンタの場合は、若返りに欠かせない成長因子がありますが、植物性プラセンタには成長因子は含んでいません。

 

これでは美容効果が期待できないイメージですが成長因子が含まれなくても、その分動物性プラセンタに比べてより多くのアミノ酸を含みます。
他にもビタミンやミネラルなど動物性プラセンタに匹敵する量を摂取する事ができます。

何由来の植物性プラセンタかを確認する

動物性プラセンタにはブタ由来、ヒツジ由来、ウマ由来、ヒト由来というようにいくつか種類があります。
植物性プラセンタにも何種類かの種類があります。

 

大麦、ライ麦、大豆、アロエなど植物によって多少含まれる成分のバランスが異なります。

 

美容効果で選ぶ場合は、生命力が強く必須アミノ酸が多く含まれているライ麦由来の植物プラセンタがおすすめです。

 

動物性プラセンタには成長因子が含まれますが、サプリメントとして取り入れる場合、ニオイに敏感な人は獣臭さを感じる事があると言います。
また動物性プラセンタにはウイルスや残留ホルモンなどのリスクがありますが、植物性プラセンタにはこういったリスクはほとんどありません。

 

体内では合成できない必須アミノ酸は、美容面でも必要不可欠な成分ですからこれが豊富な植物性プラセンタはとても贅沢で貴重な栄養源となります。

サプリメント以外での取り入れ方

動物性プラセンタの場合は、プラセンタ注射や点滴など主にプラセンタ療法で取り入れる摂取方法があります。
しかし点滴や注射に使われるのは、ヒト由来のプラセンタです。

 

植物性プラセンタの場合は、美容サプリメントかドリンクが一般的です。

 

最近はゼリーなども出ていますが、サプリメントなら植物性プラセンタにはない他の成分も、他の物を組み合わせる事で補えます。

 

プラス配合した成分との相乗効果も期待できますし、水と一緒に飲むだけだから手軽さと続けやすさもメリットです。
植物性プラセンタでも美容サプリメントとして取り入れれば十分に効果は期待できます。