植物プラセンタにはどんな効果があるの?メリットや特徴について

プラセンタは哺乳類の胎盤の事です。植物性プラセンタも存在していますが、植物には胎盤がありません。
しかし、胎盤とよく似た機能を持つ部位は存在していて似たような働きを持っている事は確認されています。

 

では植物プラセンタとはどういうものか?
動物性プラセンタとの違いやメリット、その特徴をお伝えします。

植物性プラセンタの効果

植物性プラセンタには動物性プラセンタにある成長因子は含まれないため、細胞の活性化については若干劣る部分はありますが、アミノ酸、ビタミン、ミネラルは豊富に含まれています。

 

これについては動物性プラセンタに匹敵する含有量である事も確認されていますので、これらの効果を重視するには最適な成分といっていいでしょう。

植物性プラセンタのメリット

動物性にもメリットはたくさんありますが、どうしても気になるのがニオイです。
獣臭と表現される事もあります。

 

これについてはメーカーが様々な取り組みをしていて、化粧品の場合は天然の精油で香り付けをする事により多少独特のニオイを軽減できます。
しかしサプリメントやドリンクのように口に含んだ時、ニオイに敏感な人はどうしても気になってしまいます。
これも動物の胎盤という事を考えると仕方ありません。

 

胎盤そのものを使うわけではありませんが、有効成分を損なわずに配合するためには多少ニオイは我慢するというのが一般的です。

 

その点植物性プラセンタは、胎座の部分を使いますから動物性プラセンタ特有のクセのあるニオイはほとんど感じません。
残留ホルモンやウイルスなどもなく安全性が高いところは大きなメリットでしょう。

 

植物性プラセンタには、大豆由来や小麦由来などもいくつか種類があります。
もしも大豆や小麦にアレルギーがある場合はしようを控えたほうがいいのですが、それ以外では特に問題なく使えます。

植物性プラセンタの特徴

植物性プラセンタには成長因子は含まれませんが、美容サプリメントやドリンク、スキンケア用品に使う場合は植物性プラセンタを単体で使う事はほとんどありません。
他の美容成分も配合しますので、植物性プラセンタに足りない物は他の物で補えます。

 

肌なじみが良くアレルギーなどのリスクは少ない事、美容成分の一種として他の成分と組み合わせやすくそれにより相乗効果が期待できるという特徴があります。

 

動物性プラセンタを試してみたが、ニオイが気になり植物性プラセンタに切り替えたという人もたくさんいます。
効果については個人差もありますが、使い心地が良い事も重要です。

 

特徴を理解した上で取り入れれば満足度も高くなります。